【糖尿病】その常識は間違い、画期的改善法出現

糖尿病

【糖尿病】その常識は間違い、画期的改善法出現
  • LINE@自動ステップ配信
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

【糖尿病】その常識は間違い

糖尿病の常識と言われる食事療法と運動療法だけに頼るのは、間違いです。
厚生労働省のホームページでは、「糖尿病はひとたび発症すると治癒することはなく、放置すると網膜症・腎症・神経障害などの合併症を引き起こし、末期には失明したり透析治療が必要となる」と書かれています。

また、インターネットや書籍で糖尿病と糖尿病網膜症の改善方法を一生懸命に探しました。でも、どれもこれも「食事療法」と「運動療法」この二つについての記述だけです。

糖尿病の専門家であるお医者様ですら、「糖尿病が、改善するわけがない! これ以上悪くしないように治療と指導をする」、そう言うのですから、あなたが「糖尿病は治らない」と考えてしまっても当然です。

しかし、ちょっと待って下さい。

このような一般に常識とされていることが果たして本当なのかどうか、「糖尿病だって、治る方法があるのでは?」と思いませんか?

実は筆者の妻が糖尿病に侵されてしまって、今は毎月必ずクリニックで生活改善の指導を受け、数種類の薬とインスリン注射、そして食事の改善、運動を規則的にするように言われており、これ以上糖尿病を進行させないように対策に取り組んでいます。

なにしろ、糖尿病が進行しますと、いろいろな合併症がでてきて、悪化すると目が見えなくなったり、足を切断しなければならなくなると、半ば脅迫を受けているかのような緊張感で毎日を過ごしていました。

「青坂式 糖尿病改善法」



ところが幸いなことに「青坂一寛」という方の推奨する「青坂式 糖尿病改善法」の噂を聞きつけ、その改善プログラムを取り寄せてみました。

この青坂一貫というお方は、実は「整体師」さんでした。その方はご自身が重い糖尿病にかかって、お医者さんから入院を勧められながら、常識的な病院の治療方針では、糖尿病は良くならないと考え、入院をお断りして、ご自身で整体師としての技術と知識を活かして糖尿病改善の方法を考え、完成させたそうです。

今はこのプログラムを、お医者さんの治療方針と平行して取り組んでおりますが、先月、お医者さんから「随分、血糖値の数値が良くなっていますね」とお褒めの言葉をいただきました。

この分だと近いうちにインスリン注射をやめたり、投薬を減らしたりできそうです。





スポンサーリンク



1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ