【抜け毛・薄毛・育毛】効果的に髪を増やすための4つの方法

病気予防

【抜け毛・薄毛・育毛】効果的に髪を増やすための4つの方法
  • LINE@自動ステップ配信
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

【抜け毛・薄毛・育毛】効果的に髪を増やすための4つの方法

髪の毛を増やすのは、なかなか難しいと聞きますが、果たして髪の毛を増やす方法はあるのでしょうか?

髪の毛を増やす効果的な方法は、次の4つの方法が認められています。


その療法は「ハーグ療法」「プロペシア内服」「リアップ塗布」「ミノキシジル内服」の4つです。


順番に説明しますと

「ハーグ療法」

この方法は、医療機関で頭皮に注射する方法です。
成長因子を含んだ harg カクテルというものを毛母細胞に直接注射する方法です。
これを注射することにより毛母細胞が若返り発毛が促進されます。

HARG(ハーグ)療法とは人間の組織の中心的役割を担う「幹細胞」から抽出された150種類以上の「成長因子」を直接頭皮に注入します。

同時にMesoHairカクテル(ビタミンB、ブフロメシル、システィン)も注入いたします。
注入された成長因子やHARGカクテルは、毛包を蘇らせ、毛母細胞を強力に刺激して、発毛を促進させます。


男性にも女性にも効果はありますが、どちらかと言えば女性の方が効果があるようです。


最近急速に浸透してきた治療法です。
通常は3回注射すると効果を実感できるようです。


この療法は、認定された医療機関でのみ受診でき、医療保険は効かない自由診療になっていますので、医院によってはおよそ1回あたり8万円とか16万円とか色々差があります。


ただ施術に用いる harg カクテルはどこの医院も共通です。

「プロペシア内服」

プロペシアという薬は、「フィナステリド」という成分を1mg含有していて、男性型脱毛症(AGA)を引起こしやすくする「DHT(ジヒドロテストステロン)」を抑制することができます。
その効果により男性型脱毛症(AGA)の改善を行います。



プロペシア内服はもともと前立腺肥大の薬ですが、この服用によって、男性ホルモンの働きを抑制し発毛を促す方法です。


抜け毛には男性ホルモンが関与しているので、そのホルモンの過剰な働きを抑制しますが、ごくまれに男性機能が低下することがあります。

「リアップ塗布」

リアップは高血圧治療薬のミノキシジルを飲んでいる方が全身多毛になることを発毛に応用させた薬です。

医学的に発毛効果が認められている唯一の市販薬で、女性用もあります。

「ミノキシジル」

薄毛

ミノキシジルはプロペシアと同様に内服することもでき、2つを併用することで劇的に高い効果が得られるのですが、日本ではミノキシジル内服薬は未承認のため海外から輸入するしかありません。


ミノキシジルは降圧剤であり、リアップのように塗布ではなく内服ですので、血圧が必要以上に下がったり、むくみが出たりと、様々な副作用が生じる頻度は高くなります。



なおプロペシアミノキシジルも効果があるのは使用中のみで、やめると元に戻ります。
ちなみに急に髪が多くなって、ひげや顔の毛体毛が濃くなってきた人は、ほぼ100%ミノキシジルを内服していると思います。


なお最強の発毛方法は「ハーグ療法」でもプロペシア内服と ミノキシジル内服合わせて使うのが良いと思います


頭髪が蘇ったという人は、かなりの確率でこの組み合わせで発毛を試みているではないかと思います


薬の内服や塗布も大事かもしれませんが、一番の特効薬はやはり規則正しい生活となるのかもしれませんね。

もう一つは抜け毛の原因となり得ると考えられる成分が配合されているシャンプーをやめることが非常に大事です。


育毛剤が効かない原因を研究して生まれたRHIZOGAIN

これまでの育毛剤の不満を解消するために開発されたRHIZOGAIN


スポンサーリンク


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ