【糖尿病改善】糖尿病の恐怖から逃れよう

糖尿病

【糖尿病改善】糖尿病の恐怖から逃れよう
  • LINE@自動ステップ配信
たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・

【糖尿病改善】糖尿病の恐怖から逃れよう

糖尿病関連リンク

【糖尿病改善】糖尿病治療にかかるお金のこと考えてみませんか

【必見】血液検査は怖くない、高血圧と高血糖と高コレステロール

【必見】高血圧と言われた人も心配なし!!血液検査怖くない!

【糖尿病改善】糖尿病に悩むあなたへ朗報!!

【糖尿病改善】画期的方法に出会いました

【糖尿病改善】自律神経失調症は糖尿病と密接な関係


糖尿病の恐怖といえば、何と言ってもその症状が自覚できないまま静かに病状が進行し、気がついたときには、重い糖尿病になっていて、場合によっては、失明とか、皮膚組織の損壊や心臓病、ついには、脚の切断という恐ろしい症状に発展する恐れがあります。


糖尿病は自覚症状がありません。
ですから自分が病気なのかどうかも分からないのでそのまま放置してしまうことが多いのです。


これが厄介なのです。気がついたときには、なかなか回復するのが難しい段階に至っていることが多いのが糖尿病です

40歳以上の20%が糖尿病

日本は経済が大変発達した国です。
そのため、国民の食生活は大変豊かになりました。
食料もあふれるようにあります。


一方、交通手段がドンドン発達してきました。
自家用車を使用する人が増え、自分の足を使って歩くという人間の自然な行動が、減ってしまいました。


歩かなくなった結果、国民の運動量は大変少なくなりました。
一方で、食べ過ぎ、栄養過多が増えました。
これでは肥満が増えるのは当たり前ですよね。
しかも、お給料がなかなか上がらない、収入が増えない、食べるために働く、子供を生むために働く、子供の教育のために働く、生活資金、老後資金のために働く、などで、過酷な3ワークでストレス過多、そんな状況になっています。


国民は今、運動不足と働きすぎによる高脂血症高血圧そして糖尿病などの生活習慣病の危機にさらされているのです。


中でも糖尿病は患者の数がドンドン増え続けているのが特徴です。
しかも、糖尿病は自覚症状のないままどんどん症状が悪化していきます。


いまの日本で患者の数が最も増え続けているのが糖尿病なのです。


平成26年の厚労省の調査によれば、糖尿病患者は319万人。さらに強い疑いの人を加えた糖尿病有病率の調査では、男性の15.5%女性の9.8%、約1500万人の糖尿病患者および予備軍がいるのです。


また、別の調査では、2,300万人が糖尿病の疑いがあるとされ、40歳以上の約20%、65歳以上の25%が糖尿病の可能性があると言われています


前述しましたように糖尿病は痛いとか痒いとが熱があるとかそういった症状が現れないため、アメリカでは「サイレントキラー」(静かなる殺し屋)と言われ、自分ではなかなか気が付きにくいのが特徴です。


その為、健康診断で血糖値や血圧などをキチンと計って、自分の体の状態を知ることが非常に大事になってきます。手遅れにならないようにするために毎年きちんと健康診断は受けるようにしたいものです。


糖尿病は、ほおって置くと目が見えなくなったり人工透析をしなければならなくなったり、あるいは心臓病になったりと不自由な生活を余儀なくされるということを、しっかりと自覚しておく必要があります。


もしあなたが糖尿病になったらたいへんです。
あなたの将来は、糖尿病とのお付き合いと治療で大変なことになるのではないでしょうか。


糖尿病は、何度もいいますが、軽いうちは何も自覚症状がありませんので、大変気が付きにくい病気です。
「この頃随分と喉が渇くようになった」とか「この頃急に痩せてきたな~」とか「目が霞んでしまうことが多くなった」とか「最近トイレが近くなったな~」とかの体の変化にいち早く気づくようにしましょう。

自分で血糖値をコントロールしてみよう

では、糖尿病の予兆を早く発見するにはどうしたら良いでしょうか?
それには、毎年、あるいは前述した初期症状を感じたときに、健康診断を受けてみることが大事です。

その健康診断の内、血糖値検査に注目します。
この血糖値検査とは血液中に含まれるブドウ糖(これを血糖と言います)の値を調べる検査で、血糖値が正常範囲なのか、あるいは異常なのかをきちんと定期的に把握することが大事になります。


血糖値の基準

血液検査による血糖値の基準は次のようになっています。
糖尿病の検査では、食後2時間後の血糖値、空腹時の血糖値、そしてヘモグロビンA1cの検査が行われます。


◯ 食後2時間語血糖値

正常範囲 100~140mg/dl
境界型  140~200mg/dl
糖尿病型 200mg/dl 

◯ 空腹時血糖値

低血糖  60mg/dl 以下
正常範囲 60~110mg/dl
境界型  110~126mg/dl
糖尿病型 126mg/dl以上

◯ ヘモグロビンA1c (HbA1c)

糖尿病 6.5%以上の人。

ヘモグロビンA1cとは、糖尿病を判定するための赤血球中の蛋白の状態です。
ヘモグロビン(Hb)とは赤血球内の蛋白ですが、これがブドウ糖が結合すると、グリコヘモグロビンになります。このグリコヘモグロビンのうちHbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)が糖尿病と密接な関係があり、この量が6.5%以上になると糖尿病という診断が下ります。

もし、糖尿病だとわかったら

血糖値検査の結果糖尿病であることが明らかになったら、食事療法や運動療法を続けていかなければなりません。
場合によっては、薬物療法を受けることになります。


病院にきちんとかかって、食事、運動、投薬などの指導をきちんと受けるのが、最も適切です。
下手に、自己診断自己治療などと、病院を軽視するのはおすすめできません。
やはり、きちんとしたデーターを基に自己管理をしなければならないのです。


糖尿病は医師の指導を守り、食べ過ぎや運動不足などの悪しき生活習慣を改善していけば、必ず糖尿病の悪化を防ぎ自己コントロールできるようになります。


この自己管理がいかに重要なのか、医者にかかって、お薬をもらって飲むだけで治るような簡単な病気でないのです。


糖尿病になったということは、長い間のあなたの生活習慣がそうさせたのだということをきちんと認識した上で、その生活習慣を改善することが重要なのです。
この生活習慣の改善は、医者や病院ではできません。
あなたには、未来があります。
糖尿病によってあなたの未来を奪われてはならないのです。


そのためには、強い決意が必要です。世の中には、甘い生活習慣に負けてこの決意が鈍り、結果として糖尿病が治らず、糖尿病網膜症になってしまったり、腎臓病となって透析を受けたり、足を切断しなければならなくなったり、心臓病に苦しんでいる人たちがいかに多いことか、あらためてあなたには覚悟が必要なのです。



今、世の中の糖尿病を治すための方法は、先にも述べたように食事療法と運動療法と薬物療法が主流です。しかし、この方法に加えて第3の方法も試してみることをおすすめしています。


食わず嫌いではなく、自分の未来に係ることです。まず、やってみること、試してみることも良いのではないでしょうか。

その方法はこれです。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ