「冷え」は、万病の元、そして「美容」の大敵

糖尿病

「冷え」は、万病の元、そして「美容」の大敵
  • LINE@自動ステップ配信
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

「冷え」は、万病の元、そして「美容」の大敵

東洋医学と「冷え」

東洋医学では昔から「冷えは万病の元」と言われてきました。
ですから、東洋医学系のお医者さんは、どんな病気の人が来院しても、まずは身体が冷えていないかどうかを調べ、体を温めるための漢方薬を飲んでもらったり、体を温める施術を行います。


東洋医学のお医者さんが出す、身体を温める漢方薬は、「十全大補湯」とか「葛根湯」などがあります。


日本人は外国人に比べるとガンに罹患する比率はかなり低いと言われますが、その理由には、日本人の風呂好き、温泉好きがあげられるといいます。

といいますのは、身体が暖まって体温が高い状態を続けることにより、がん細胞の働きを抑え増殖を止めることができてきた結果だというのです。


今は温熱療法によってガンを死滅させる方法を採用している病院もあります。

「冷え症」の増加

しかし、最近は、冷えている人、「冷え症」が増えています。

「冷え」は、身体の健康にとって血流を悪くしてしまいますので、いろいろな病気の元となりますし、「美容」にとっても大敵です。

どうして冷え症が増えているのでしょうか?

街を歩いている女性を見ていますと、若い女性は、はつらつとしてとてもきれいですよね。

でも、肌が露出するようなファッションが最近特に多くなってきたような気がします。

ミニスカートに素足の人。

肩を大きく開き胸を大きく広げた服。

おへそと腰や背中が見える服。

などなど、おしゃれが楽しくて仕方がないのはよくわかりますが、これって、肌が露出している部分から熱がドンドン奪われていくということなんですね。

夏のとても暑い時期ならわかりますが、少しひんやりしてくる季節や、日が落ちた夕方から夜のかけて気温が下がる時などは、特に注意が必要です。

体温が下がっていきますと、血流が悪くなって胃腸が十分に働きません。
胃腸が悪くなると、肌が乾燥したり、あれたり、顔色が悪くなって疲れたような面相になるなど見た目の「美しさ」が失われてしまいます。


「見た目年齢」ということから言えば、ダイエットをやりすぎて痩せすぎになってしまった上に「冷え症」で体温が低くなった人は、老化が非常に早くなるのがはっきりしていますので、注意しましょう。

「美容」のためにもまずは体を温めること、これを忘れないで日常を過ごしましょう。

冷えの原因となるものとは何か

体が冷える原因は、肌の露出だけではありません。

「冷え性」は若い女性だけに多い症状ではなく、誰にでも起こります。

自律神経失調症という病名を聞いたことがあると思います。
なかなか自分では原因が自覚できないのですが、「冷え症」もこれが原因でおこります。

人間の体は、寒い時は交感神経の働きによって、血管を収縮させて体温の低下を防ぎ、反対に暑い時には、副交感神経の働きによって、血管を拡張させ発汗を促すことで体温を下げようとします。


しかし、現代の都会生活を送っていると、常に快適な室温を保った冷暖房環境が提供されています。

このような環境の中では、2つの神経を切り替える必要がなくなりますから、人間が本来持っている調整 力が衰えてしまいます。


そんな自律神経のバランスの崩壊が、体を冷やしてしまう原因の一つとなっています。

使わない機械が錆び付いてしまうのと同じように、人間の機能も使わなければ衰えるばかりとなります。


暑いときには暑さを味わい、寒い時には寒さを感じることが、自律神経のバランスを保つためには必要です。


いつでも快適な温度の中で暮らすことは文化的な生活ではありますが、その反面、人間が本来持っている潜在的な能力を鈍らせてしまうのは皮肉なことです。

四季や自然の移り変わりに即した生活を送ることで自律神経の調整力を上げて行くことが「冷え性」対策の最良の方法なのです。


確かな透明感、内側からの美白、飲む日焼け止めとして脚光を浴びる美白サプリメント「マスターホワイト」です。
肌の「糖化」を阻止する「アセロラ」をはじめ多くの自然素材からアスタキサンチンなどの美容成分を抽出し完成させた優れものの一品です。
飲む日焼け止め!?美白サプリメント【マスターホワイト】



スポンサーリンク


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ