【疲れ目】にんじん・緑黄色野菜で改善しよう

疲れ目・眼精疲労・コンタクトレンズ

【疲れ目】にんじん・緑黄色野菜で改善しよう
  • LINE@自動ステップ配信
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

【疲れ目】にんじん・緑黄色野菜で改善しよう

最近はPCやスマホを使って作業をしている人の多くが、【疲れ目】を経験しているようです。いつの間にか目頭を押さえてみたり、目をこすってみたりすることはありませんか?

【疲れ目】になってしまうのは、いろいろな原因がありますので、その原因となる様々な生活態度や行動要素を改める必要がありますが、ここでは、食の面から「疲れ目」を改善する方法をご紹介いたします。

にんじん

にんじんをポタージュにして飲む

にんじんはビタミンお宝庫として有名な根菜です。ビタミンAが多く含まれ目の健康に非常に良いと言われている食品です。

にんじんは好き嫌いの大きい食品でもあります。生のジュースにして飲んだり、煮たり、漬物にして食べる方法もありますが、にんじん嫌いの人も食べやすいのは、ポタージュです。

ポタージュにして食べると、量もたくさん食べられるのでビタミンを多く摂り入れることができます。

簡単なポタージュの作り方としては、
1 にんじんを1本乱切りにします。
2 お米(洗ったもの)を2分の1カップ用意します。
3 1と2に固形スープ(洋風)1個を入れ、水を3カップ分を加えて、弱火で煮ます。
4 お米が柔らかくなったところで、ミキサーにかけます。
5 ミキサーに掛けたものを鍋に入れて、塩とこしょう、牛乳とかバターを加えると出来上がりです。
6 出来上がったものを、いただきましょう。(3~4人分)

緑黄色野菜を食べよう

緑黄色野菜

緑黄色野菜には、目の健康に良いベーターカロチンがたくさん含まれています。
モロヘイヤ、ほうれん草、にんじん、春菊、小松菜、にらなどは、赤、黄色、みどりがはっきりした野菜です。

これらの緑黄色野菜を、茹でたり、炒めたり、さっと熱を加えて食べましょう。
ビタミンA・Eは熱に強いのですがビタミンCは熱に弱いので、茹でる時間を長くするとビタミンCが茹で汁に逃げていってしまいます。

さっと茹でですぐに水で冷やすことによって、ビタミンCもそれほど壊れないですみます。
目の機能を正常に保つために、食生活の中に積極的に緑黄色野菜を摂り入れるようにしましょう。


おすすめのサプリメントはこちら
↓↓↓↓↓

スポンサーリンク


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ