【鼻づまり】鼻づまりを和らげる方法は?

病気予防

【鼻づまり】鼻づまりを和らげる方法は?
  • LINE@自動ステップ配信
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

【鼻づまり】鼻づまりを和らげる方法は?


花粉が飛ぶ季節になりました。鼻づまりが心配です。鼻づまりになると、苦しいしなかなか治らないので、少しでも楽になりたいですよね。


鼻づまりを治したい、解消したいと言うのであれば、やっぱり、その原因をよく知って、その原因を取り除いたり、防いだりすることが必要だと思いませんか?

いったい鼻の中はどうなってるんだろう

鼻の中(鼻腔)はとっても複雑でデリケートな器官なんですね。


鼻腔は空気の通り道になっており、3つの熱い粘膜に覆われた骨のひだ(鼻甲介)が空気の通り道に突き出していて、とても複雑な構造になっています、


これらのヒダ(鼻甲介)の間の狭い狭いスペースを空気が通り、空気中の花粉や、ダニの死骸や、ハウスダスト(ほこり)などの異物が取り除かれ、肺へきれいな空気が送られるようになっています。


このように、鼻は吸い込んだ空気に含まれる様々な刺激物から肺、気管支、気管を保護する役割を持っています。


刺激物が鼻に入ると花粘膜はくしゃみによって刺激物を吹き飛ばし、鼻水によって洗い流し、粘膜が腫れて刺激物が喉や気管支まで届かないように反応します。


この役割のために花粘膜はもともと刺激に対して反応し易いようにできているのです。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎ではくしゃみ、鼻水、鼻づまり、といった症状が繰り返し起こります。


鼻の粘膜が刺激を受けますと、まず、くしゃみと鼻水がでてきます。
くしゃみや鼻水が6時間~10時間位続いたあと、今度は、鼻水が止まって、鼻づまりになってきます。


鼻づまりになると、どうしても苦しいので口で呼吸しだします。


口呼吸になると、空気の中にある異物が、空気と一緒に喉の組織に直接当たってしまいます。


そのため、喉が赤く腫れて扁桃腺になったりします。


以上で分かる通り、アレルギー性鼻炎を防ぐためには、その原因物質が鼻や喉に入らないように対策を立てる必要があります。

異物の侵入を防ぐ

すなわち、花粉や、ハウスダストやダニの死骸などを自分の身の回りから除去することが大事になります。


そのために、空気清浄機をおいたり、乾燥させないために加湿器をおいたり、あるいは、口や鼻にマスクをしたりして過ごすことになります。


鼻や喉を乾燥させない


うがいをしたり、加湿器で室内の湿度を適度に保ったり、鼻や喉を防衛しましょう。


鼻づまりが辛い時には鼻を温めるのが良いです。
仰向けになって数分間温かい蒸しタオルを鼻の付け根に乗せていると、次第に鼻水や鼻づまりが収まってきます。


是非試してみてください。


また、鼻水が出るときは強く鼻をかまないことが大事です。鼻を強くかむと中耳炎を起こしやすくなります。ぜひ、気をつけていただきたいと思います。

鼻腔


健康マスクを選ぶなら、人気のこちらから
↓↓↓↓↓↓
(PM2.5対応)快適ガードプロ プリーツタイプ レギュラーサイズ 30枚入

----------------------------------------

加湿機能付き空気清浄機ならおすすめ
↓↓↓↓↓↓
シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載 ホワイト KC-F50-W

スポンサーリンク


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ