【注意】コンタクトレンズのトラブルと正しい付き合い方

ノンカテゴリ

【注意】コンタクトレンズのトラブルと正しい付き合い方
  • LINE@自動ステップ配信
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

【注意】コンタクトレンズのトラブルと正しい付き合い方

コンタクトレンズとは

コンタクトレンズは、角膜の上に直接レンズを乗せて視力を矯正するものです。

眼科医と相談のうえ正しく取り扱うことが大切です。

コンタクトレンズは眼科医の指示のもとに創業することになっています。
ネットなどで気軽に購入してトラブルになる場合もありますので、十分注意しましょう。

コンタクトレンズの長所と短所

コンタクトレンズは眼鏡をかける煩わしさがなくスポーツをする場合にもとても便利です。

しかし角膜に傷がつく恐れもあり傷がついた時はそこから細菌が侵入する可能性もあるのです。

長時間コンタクトレンズを装用することによって目が乾いてしまうこともあります。

コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズとメガネ

コンタクトレンズにはその素材で分けると、ハードコンタクトレンズ(HCL)と ソフトコンタクトレンズ(SCL)があります。

ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズは、黒目よりも小さく硬い素材で出来ているレンズで乱視の矯正に向いています。

目に異物が入るとすぐにわかるので目の異常には気づきやすいのです。

しかし装着状態に慣れるまで少し時間がかかります。

酸素透過性は最も良いものです。

ソフトコンタクトレンズ

これに対してソフトコンタクトレンズは、黒目よりも大きく柔らかい素材でできているレンズです。  異物感が少なく外れにくいので、スポーツをする人に向いています。

ただ目が乾きやすくなり、涙の少ない人には不向きと言われています。

1日使い捨てタイプ

コンタクトレンズ装用

コンタクトレンズの使い方によって分けると

1日使い捨てタイプの物があります。

これは、一度目から外したら捨てるタイプのコンタクトレンズてレンズのケアがいりません毎日新しいものを想像するので衛生面は安心だけれどもその分費用が高くなることになります。

頻回交換タイプとか定期交換タイプ

次に頻回交換タイプとか定期交換タイプと言われるものがあります。

これは、2週間や一か月など、一定期間で交換するソフトコンタクトレンズです。
そうようちゅうは洗浄と消毒タンパク除去などのケアが必要になります。
ただ1日タイプよりも経済的です。

カラーコンタクトレンズ

さらにカラーコンタクトレンズというものもあります。

これは瞳の色を変えられるソフトコンタクトレンズです。
黒目を大部分に着色されていて、普通のレンズよりも厚みがあるため酸素透過性が悪く目が疲れやすいと言われます。

ファッション用として度の入らないタイプもあります。

サークルレンズ

また、サークルレンズというものもあります。

これは、瞳の輪郭を際立たせて黒目を一回り大きく見せるため、外側に色が付いているソフトコンタクトレンズです。

度の入らないタイプもあります。

これもカラーコンタクトレンズと同様に酸素透過性が悪いと言われます。

コンタクトレンズと涙

コンタクトレンズは角膜の上に乗っていますが,決して角膜にぴったりとくっついているのではありません。

角膜とレンズの間には涙がありちょうど潤滑剤の働きをしています、。

むしろ、コンタクトレンズは涙の海に浮いているのだと考えた方がいいでしょう。

角膜は透明な組織で血管を持っていません。
このため、角膜表面の細胞は主として大気中から代謝に必要な酸素を涙を介して取り込んでいます。

レンズを装用すると、角膜は大気から遮断されるため、供給される酸素の量が制限されます。(酸素透過性)

最終的に角膜に行き渡る酸素の量は、レンズの材質やフィッティング状態に大きく左右されます。

ドライアイって何?

ドライアイとは、目を保護する涙液が不足し、目の表面が乾いてしまう病気です。

ひどくなると角膜や粘膜に障害が起こってきます。

涙が少なくなると

・酸素や栄養分が角膜に十分に行き渡らない。
・目に入った異物を上手く洗い流せない。
・殺菌作用が低下する。

など、数々の弊害が生じてきます。

ドライアイの人がコンタクトレンズを装用すると、こうした悪影響が出やすくなりますし、また、普通の人でもコンタクトレンズを装用すると目が乾きやすくなります。

ドライアイの症状は?

ドライアイになると、なんとなく目が疲れる、目が重い、ゴロゴロする、朝に目が目が開けにくいなどの症状を感じます。

目が乾くという自覚症状が現れないことも少なくありません。

上にあげたような症状がある時は、躊躇わずに眼科医に相談してみましょう。

疲れ目 眼精疲労 ドライアイの初期症状?

人間は誰しも瞬きをすることにより、角膜の表面を涙で定期的に潤しています。

疲れ目の一つの原因は、瞬きをする回数が減るために角膜の表面が乾くことにあるのではないかと考えられています。

・まばたきの回数は正常な人で1分間に10回~20回
・コンピューター作業や読書などをすると、まばたきの回数は半分以下になります。

ドライアイがひどくなる時はどんな時?

・冷暖房の効いた部屋、飛行機の中、サウナなどの乾燥した環境にいる時。
・コンピューター作業や読書長時間続けた時。
・風の強い日
・精神安定薬、降圧薬などの一部に、服用していると目が乾きやすくなる薬があります。


なんとなく目が疲れる、目が重い、ゴロゴロする、朝に目が目が開けにくいなどの症状を感じたら医師に相談し適切な人工涙液型点眼薬で不足した涙を補いましょう。

コンタクトレンズとアレルギー

ソフトコンタクトレンズや酸素透過性ハードレンズなどは酸素の通りをよくするためにレンズに隙間があるので、涙に含まれるタンパクや花粉、ホコリ、動物のフケなどが表面につきやすい状態になっています。

レンズの表面に付いたタンパクや花粉、ほこりなどが原因で、結膜(特に瞼の裏側)にアレルギー反応が起こることがあります。

この状態のままでレンズの装用を無理に続けると、大きなこぶ状の隆起(乳頭)が、結膜にたくさんできるようになります(巨大乳頭性結膜炎=GPC)

GPC になると目やにが出たりでたり、異物感が強くなってレンズが想像しづらくなります。

レンズにタンパクがつかないように定期的にタンパク除去剤でで処理しましょう。

アメーバによる感染

アカントアメーバ角膜炎
巨大乳頭性結膜炎
角膜血管新生

スポンサーリンク


コンタクトレンズの装用していると、時には角膜に傷がついて細菌や真菌(かび)に感染する危険性があります。

その中で、特に注目されているのが失明の危険の高いアカントアメーバ角膜炎です。

これは、アカントアメーバという原生動物が角膜の中に入り込んで強い炎症を起こすもので、ハードコンタクトレンズよりもソフトコンタクトレンズ装用者で多く見られます。

アメーバは、池や沼などの淡水に住んでいます。

感染力は非常に弱いので健康な人が感染することはまずありません。

しかし、コンタクトレンズの消毒を怠ったり、不潔な取り扱いをした場合には角膜に感染する可能性がありますので注意しましょう。

装用するときはレンズを消毒するなど、常に清潔に取り扱う習慣をつけましょう。

安心してコンタクトレンズを使うために

・装用時間を正しく守りましょう。

・目が乾きやすい状況では装用時間を減らしましょう。

・コンタクトレンズは常に清潔に保ちましょう。

・目の調子が良くても、定期検査を必ず受けましょう。

少しでも異常を感じたら、すぐに眼科医の診察を受けましょう。

この記事は、愛媛大学医学部眼科学教授 大橋裕一氏発行の小冊子の中から一部引用させていただきました。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ