【低体温改善】体を温める天然原料とは

低体温改善

【低体温改善】体を温める天然原料とは
  • LINE@自動ステップ配信
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

【低体温改善】体を温める天然原料とは

病気予防のためには、何と言っても低体温を改善することが大事です。そのためにはオフロに入ったり、温泉に湯治に行ったり、足湯に浸かったり、胴巻きを撒いたりして身体の外側から温めるだけでは不十分です。


体温を上げるためには、体の内側から暖めなければなりません。


にんにくや生姜(しょうが)南蛮と言った体を温める食材を食べるほか必要なミネラルも獲らなければなりません。


特にミネラル類は、そのまま食べても体に吸収されにくい物質です。

これらのミネラル類は、天然の動植物に含まれているものを食べることによって、身体に吸収されやすくなります。


このことから、天然材料をベースにしたサプリメントを取ることも大事になっています。


では、体を温めるサプリメントに、どんな天然素材が含まれていればよいでしょうか?


無数にある天然食材や天然材料の中で、数十種類とか百数十種類の素材を使ったサプリメントも市販されていますが、基本的には、次に示す素材を利用することが重要とされています。

にんにく

にんにく

血流の改善、新陳代謝の促進により体温の上昇を促します。

レバー

レバー

深部体温の上昇、造血作用、肝臓の強化に役立ちます。

クコの実

クコの実

毛細血管を強化します。それによって血流が改善されます。

霊芝(れいし)

霊芝

免疫細胞の活性化と血行促進により体温を上昇させます。

しょうが

しょうが

血行促進と代謝の活性化により冷えの解消に役立ちます。

たんぽぽ

たんぽぽ

肝臓の強化と血行促進に役立ちます。

イチョウ葉

イチョウ葉

脳や毛細血管の血行促進によって体温を上昇させます。

ヨモギ

ヨモギ

末梢血管の拡張、造血作用によって体温を上昇させます。

スポンサーリンク


これらの素材は、1種類だけでは効果が薄くても、正しく組み合わせて用いることにより、いっそうの体温上昇が期待できます。


これらの素材を、正しい配合で組み合わせ、更に発酵させることによって、各素材の栄養価も格段に高まり、かつ、有機ゲルマニウムなどミネラル成分をより円滑に身体に吸収させる技術も開発されています。

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ