【低体温改善】低体温が招く病気とは?

低体温改善

【低体温改善】低体温が招く病気とは?
  • LINE@自動ステップ配信
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

【低体温改善】低体温が招く病気とは?

現代人は低体温の人が非常に増えているといいます。

それはなぜか?

現代には体を冷やす要因にあふれているからです。

現代人はとても忙しい。仕事に明け仕事にくれています。

食事をゆっくりと味わっている余裕のない人もたくさん増えているようです。

店先には、インスタント食品が並び手軽に食事をすっましてしまわれる方も多くなっています。

このように、現代は食品添加物を多く含有した食品が溢れ、運動不足となり、冷暖房のきいた建物や環境の中で、人は、体温調節の機能を低下させていると言われます。


また、当然のことながら加齢によって代謝機能が衰え、筋肉量も低下し、毛細血管も減少するなどして、体温が下がってゆきます。


40歳をすぎると、殆どの人が低体温の傾向にあると言われるのはこのためです。


低体温が招く病気や体の不調



体温が1℃下がると、体内酵素の働きは50%以下に低下します。また、それにともなって免疫力も30%以上低下すると言われています。


低体温になると「がん細胞」も活発になると言われ、病気のリスクは限りなく増え続けます。

脳へのリスク

脳へドロドロの血液が送り込まれていくことによって、脳梗塞、脳出血、うつ病、不眠、認知症などにかかりやすくなります。

心臓へのリスク

狭心症、心筋梗塞、心臓病、不整脈などのリスクが増えます。

腎臓へのリスク


腎臓病、膀胱炎など

膵臓へのリスク

糖尿病、急性膵炎など

目へのリスク

緑内障、白内障、視力低下など。

口へのリスク

口臭、口内炎など

血管へのリスク

血栓、高血圧、動脈硬化など。

血栓、高血圧、動脈硬化など。

腸へのリスク

便秘、下痢など。

以上、数え上げればキリがありません。しかも、病気になった人が治療と称して薬を飲むと、その薬自体が体温を下げる要因となっていますので、快癒するのに時間がかかったり、むしろ逆効果だったりする場合もあります。


大切なのは、自分の体温をしっかりと上げることが大切です

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ