【花粉症】鼻づまりなぜ治りにくい?

花粉症対策

【花粉症】鼻づまりなぜ治りにくい?
  • LINE@自動ステップ配信
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

【花粉症】鼻づまりなぜ治りにくい?

嫌な花粉症の季節がやってきました。この時期になると鼻水と鼻づまりで大変です。どうして鼻づまりは治りにくいのでしょうか?解決法はあるの?


花粉症の時期には、くしゃみ、鼻水、鼻づまりで大変苦しい思いをする方が多いのではないでしょうか?

いや、春や夏の花粉の飛散が多い時期でなくても、いつも鼻がグズグズして困ることもありますよね。


このような症状の方は、アレルギー性鼻炎を疑ったほうが良いかもしれません。
かく言う私もアレルギー性鼻炎で、春は花粉に苦しみ夏や冬は冷暖房の空気の寒暖差に刺激を受けてくしゃみが出てしまったり、ハウスダストやダニにも反応しますので、ほぼ一年中鼻炎で苦しんでいます。


そこで、病院の先生に相談に行ったのですが、最初は薬物療法で色々お薬を飲んだり塗ったりしましたがなかなか治り切るところまでは、行っていないのが現状です。


アレルギー性鼻炎とは一体どんな症状なのですか?


簡単にいえば、花粉や、ハウスダストや、ダニが鼻の中(鼻腔)に入ってくると、鼻の中の粘膜にある肥満細胞上で抗体と反応し、肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンが放出され、それらの化学物質が鼻粘膜を刺激して、鼻水やくしゃみそして鼻づまりを起こすのです。


ヒスタミンは鼻粘膜を刺激し、くしゃみや鼻水を起こし、ロイコトリエンは鼻づまりを起こします。


ここで言う「肥満細胞」とは、太らせる細胞ではなくて、膨れたカタチの細胞です。
例えば、鼻の中は複雑な形になっていて、空気中の空気を吸い込むと、空気中の花粉やダニを肺に送り込まないように、鼻腔を狭くして通りにくくします。


そのときに細胞をふくらませる役割を果たしているのが肥満細胞(らしいで、この細胞が、ヒスタミンという化学伝達物質を放出するのです。


さらに、時間が立つと、好酸球が活性化しロイコトリエンという化学物質を放出し鼻づまりを起こします。


ここまでくると、鼻で息ができませんので口呼吸になってしまい、その結果喉を痛めてしまいます。

どうしたら、鼻づまりを治せますか?

病院に行きますと、薬物療法が一般的ですけど症状に応じて減感作療法や手術療法を行うことがあります。



薬物療法とは


特にアレルギー性鼻炎に見られる鼻づまりには、ロイコトリエンの働きを抑える抗ロイコトリエン薬を処方されることが多いと思います。


この他、ヒスタミンの 働きを抑える抗ヒスタミン薬や化学伝達物質遊離抑制薬、ステロイド薬などが用いられます。


減感作療法とは


アレルギー性鼻炎の原因となる物質のエキスを少しずつ注入して過剰な反応が起こらないように体質を改善する治療法です。


治療に時間がかかりますが成功すれば安定した効果が得られます。


手術療法とは


薬物療法で効果が得られない場合、鼻腔の通気性改善の為に手術を行うことがあります。


(画像引用)

https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com/contents/category/476/nose_4_0.jpg

http://www.jotoishikai.or.jp/kyouiku/kenkou/16/cut.gif

アレルギー性鼻炎

健康スースー茶
右も左もスースー通る。鼻づまりでお悩みの方はこちら
↓↓↓↓↓↓


健康マスクを選ぶなら、人気のこちらから
↓↓↓↓↓↓
(PM2.5対応)快適ガードプロ プリーツタイプ レギュラーサイズ 30枚入

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ