【ドラマ思考】直虎はなぜ女城主になったのか

ノンカテゴリ

【ドラマ思考】直虎はなぜ女城主になったのか
  • LINE@自動ステップ配信
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

直虎はなぜ女城主になったのか

無嗣(むし)断絶

女性が国の盟主となり、あるいは領主となり、一家の戸主となりますなどというお話は、太古の昔、卑弥呼の時代など母系社会であった時代ならともかく、男性が優位に立ってきた中世以降は、女性が城主となりますなどは、なかなかあリませんでした。

特に江戸時代以降は、無嗣(むし)断絶というしきたりが一般的となり、跡つぎの男子がいないと大名家が取り潰しとなったのです。

明治以降になりますと家父長制度ができ、家庭においても家長(戸主)は男性で、妻や子に対して絶対的な権限を奮っていました。

特に家を継ぐのは長男であって、次男三男は何の権限もなく、家を出る以外にありませんでした。

娘は、嫁に行くときにカネがかかると言うので厄介もの扱いをされたり、男尊女卑もひどいものでした。

現代になって、やっと、働く場が与えられることにより個人主義が認められ、自立自活できるようになって、初めて、次三男問題が解消し、女性も権利が主張できるようになり、世界的に女性大統領や首相が活躍し、日本においても、女性社長が当たり前の時代になっています。

前置きが長くなりましたが、直虎の時代には、女性が政治の実権を握るのは、それだけの環境と運やめぐり合わせ、因縁のようなものが上手に組み合わされる状況でのみ、可能でしたような気がします。

以下、直虎城主誕生までの経緯を書いてみます。

次郎法師直虎

当時、家督は男子しか継げないというのが一般的でした。しかし、NHK大河ドラマ「女城主直虎」の戦国時代には必ずしもそうではなかったようです。


女子も家督を継いでいましたのです。
その1人が次郎法師直虎でした。

最も普通は家督を継いでも女の名であり、直虎のように男の名を名乗るということはなく、出家した女の子が「次郎法師」と名乗ったことから、特例中の特例でしょう。


直虎は男の名を名乗っただけでなく、花押も書いており完全に男になりきっていましたのでした。


というのは当時、花押は成人男子だけが書くことができ、男子でも元服前は花押を書かず、印判を押すのが普通でした。

スポンサーリンク


今川義元

井伊氏の歴史

さて直虎といえば井伊直虎ですが、その井伊氏について歴史を調べてみました。


すでに平安時代末期、保元元年(1156)に起きた「保元の乱」を記す「保元物語」に源義朝の従兵として「井伊伊八郎」の名前が記録されており、これが井伊氏とされています。

井伊氏の歴史への登場は、遠江の国井伊谷(現在の静岡県浜松市北区)を本拠とする在地武士で後に駿河、遠江、三河3国の戦国大名となります今川氏より古いのです。

ただ今川氏と井伊氏の力関係が南北朝時代に逆転してしまいます。


当時南北朝で戦争が起きたときに、井伊氏は南朝後醍醐天皇方につき、北朝足利尊氏方についました今川氏に敗れてしまいました。


しかも戦国時代の初めの段階で、井伊氏は遠江守護斯波(しば)氏側となって今川と戦い破れていますのです。


その結果、井伊直平は娘を今川義元に人質として出し、臣従することになりました。


しかし、直平は娘を人質の取られたことを悔い、今側に服従を強いられることに我慢がなりませんでした。

そうはいっても戦国大名今川氏の家臣となった井伊氏は井伊谷城の城主という立場で、今川氏の三河侵攻の戦いの先鋒を務めることになります。


今川氏の元には井伊氏と同等レベルの国人領主が20人ほどいて、戦国大名今川氏の領国支配の一翼をになっていましたのでした。


井伊氏に何事もなければ女城主とか女地頭と言われる直虎は誕生しなかったのですが、天文13年(1544)に思わぬ事件が勃発しました。


当主井伊直盛の家老小野和泉守の讒言(ざんげん)によって二人の叔父直満と直義が今川義元に殺されてしまったのです。


直盛には女の子一人(後の直虎)しかおらず直満の子亀の丞をその女の子の婿に迎える予定でしたが、亀之丞の命も危ないということで、亀之丞は信濃に逃れていったのです。


許嫁と別れることになった女の子(NHK大河ドラマでは、「おとわ」という名前になっています)は、今川家の人質になりますのが嫌で、出家してしまい、そこで次郎法師と名乗って尼として生きることになりました。

次郎法師が直虎に

そもそも出家したのに「次郎法師」と名乗っていましたのは、やはり井伊氏の菩提寺です龍潭寺の住職南渓和尚の深慮によって、いつでも還俗できるようにしていましたといいます。


こうしておんな城主とか女地頭とか言われる井伊直虎が誕生するわけですが、実は今川家中にいてそうした事が容認される土壌の様のようなものがあったのでした。


それは、寿桂尼(じゅけいに)の存在でした。


寿桂尼(じゅけいに)とは、今川氏親(うじちか)の正室で義元の母なのです。


氏親が亡くなった後、子氏輝(うじてる)が後を継いだが、氏輝は14歳と若かっただけでなく病弱でしたので政治を取ることができず、結局母です寿桂尼が政治の表舞台に立つことになったのです。

すなわち寿桂尼は、自ら印判状を出していますのです。

この点にも戦国時代と江戸時代の違いが現れていますのです。


江戸時代の大名家は表と奥に分かれ、表は政治の場で男が取り仕切り、奥は女性達の空間で政治から切り離される形となっていたのです。


しかも、今川氏では、寿桂尼が政治を取り「駿府の尼御台」などと呼ばれていました。

「女戦国大名」とも言われています。

戦国時代にはこの寿桂尼だけでなく政治の第一線で活躍した女性たちが他にもいたのです。


そうした政治時代背景があって、井伊直盛の一人娘も、直虎になれたと言って良いかもしれません。

徳川家康の正室築山殿

徳川家康正室築山殿

松平元康、後の徳川家康の正室築山殿が井伊ゆかりの女性でした。


築山殿は瀬名姫の名で知られ今川義元の姪ということになっています。


つまり義元の妹が関口親永に嫁ぎ、そこに生まれたのが築山殿とされています。


確かに各種系図にはそのように書かれていますが、井伊氏の系図からは違った系譜関係となります。


前述したように、井伊直平が今川義元に臣従した時、娘を人質に出しましたが、義元はその娘を側室にしていました。


戦国時代にはそうした例はよく見られ、義元の父氏親も家臣福島家の娘を側室としていました。


そして直平の娘(NHK大河ドラマでは「佐名」)はその後、家臣関口親長の妻としてさげ渡されています、いわば「拝領妻」というわけです。


その時直平の娘は義元の姪という名目で嫁いでいましたため、各種系図にはそこから生まれた瀬名姫が義元の姪と書かれることになります。


しかし後の築山殿は、実際は井伊直平の娘(佐名)の産んだ子(直平の孫)であり井伊氏ゆかりの女性だったのです

ついに「女城主直虎」に

直虎が井伊氏の家督を継ぐことになった時、きっかけは2つありました。ひとつは永禄三年(1560)5月19日の桶狭間の戦いです。


従来この戦いは今川義元が上洛しようとして尾張に攻め込んだ時、織田信長の奇襲を受け命を取られたとされてきたが、現在では上洛説は否定されています。


尾張奪取が目的でしたのではないかと考えられています。


この桶狭間の戦いで直虎の父「直盛」も討ち死にしていますのです。


しかしすでに直盛は亡き叔父直満の遺児亀之丞を養子に迎え直親と名乗らせていましたので、直盛りの死そのものは井伊氏の危機だったわけではありません。


ところがその2年後直親が今川義元の跡を継いだ、氏真に殺されてしまったのです。


これが一つ目のきっかけと言うことになります。


氏真が直親を殺させたのは、直親が松平元康と通じていますと疑ったからでした。


直盛に続き直親まで殺され井伊氏には男子がいなくなってしまいました。


そこで次郎法師が直虎と名乗り、井伊領支配に乗り出すことになったのです。


こうして直虎は井伊谷城の城主なります。
そして同時に、直親の遺児虎松の養育にあたることになります。

スポンサーリンク


井伊直政

この虎松が成長して井伊直政となり、酒井忠次、本多忠勝、榊原康政と共に徳川四天王と呼ばれるようになったのです。


そして直虎が育てた直政は、井伊の赤備えを率いた猛将といわれて家康に重く用いられ、家康が天正18年(1590)の秀吉による小田原攻めの後の論功行賞で北条遺領を与えられると、直政は上野箕輪城12万石に抜擢されています。


先輩の本多忠勝、榊原康政がともに十万石なので、直政はここで徳川家臣団のトップに立つのです。


直政自身は、慶長7年(1602)関ヶ原の戦いの時の鉄砲傷がもとで42歳の若さで死んでしまうが、江戸時代、井伊氏は譜代筆頭彦根藩主として幕末の直弼(なおすけ)を含む5人の大老を出すことになります。


その井伊氏が断絶するかもしれない文字通りの瀬戸際で、女城主として家を守ったのが、直虎だったのです。

我が国戦国時代には、すでに女性活躍時代があったということであり、そのひとりが直虎ということで、女性史に長く名を残すことになるでしょう。

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ