スマホ老眼と疲れ目を解消する方法

疲れ目・眼精疲労・コンタクトレンズ

スマホ老眼と疲れ目を解消する方法
  • LINE@自動ステップ配信
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

スマホ老眼と疲れ目を解消する方法

パソコンを続けると、どうしても疲れ目になってしまいますよね。スマホを見すぎてもスマホ老眼になる人が増えています。
このページでは、スマホ老眼と疲れ目を解消する方法やコツをお知らせします。


パソコンを続けてると目が疲れたなー思うことがありますよね。


そんな時に疲れ目を簡単に解消する方法があればいいなと思ったことがありませんか。


それでは疲れ目を解消する方法と疲れを軽減するためのコツを紹介したいと思います。

「疲れ目」と「眼精疲労」

疲れ目というのは、目の周囲の筋肉が疲労することをいいます。


長時間同じところを見続けているとピント調節を行う毛様体筋が筋肉疲労を起こしてしまうからなんです。


もう一つ「眼精疲労」というのを聞いたことがあると思います。


ではこの眼精疲労と疲れ目とはどのように違うのでしょうか。


実は、眼精疲労は、疲れ目が治らない状態を放置していたり、あるいは、目の使い方が悪かったりして、体中にいろんな症状が出る事をいいます。



疲れ目は、一時的な状態を言いますので、比較的回復するのも簡単です。


ようするに、目を休ませてあげればいいんですから。


でも、現代社会ではなかなか目を休めさせてくれない事情もありますが、意識的に目を休ませてあげたり、いたわってあげたりすることで「疲れ目」を解消することができます。


しかし、「眼精疲労」状態になると、目を酷使したために、身体の中に不具合が起きてくるのです。



目は疲れるだけではなくて、目が充血したりします。


それと、頭痛や肩こりになってしまいます。
さらに、頭痛や肩こりがひどくなると、吐き気まで催すようになります。

スマホ老眼

スマホ老眼

スマホ老眼という言葉を聞いたことがありますか。


スマホ老眼というのは若い世代がかかってるんです。

スマートフォンは小さな画面の小さな文字を凝視することになるため、目に大きな負担がかかります。


また長時間見続けることで、目の周りの筋肉も緊張した状態が続きます。


これによりスマートフォンから目を離して顔を上げた時にピント調節がうまくできず、「手元が見えづらい」「物が見えづらい」といった症状が現れます。


これが「スマホ老眼」です。

スポンサーリンク


改善方法

これを改善する方法は次のようにします。


1時間に15分間は休憩します。

連続で2時間以上画面を見ないようにします。

液晶画面はピント調節がしにくく、ピント合わせのために毛様体筋が猛スピードで振動するため大きな負担がかかります。


休憩をこまめにとり、長時間見ないようにしましょう。

「ながらスマホ」やめよう

「ながらスマホ」も、できればやめたい


スマホ老眼になりにくくするためには、1日あたりのスマートフォン閲覧時間を少なくすることが大切です。


電車に乗りながら、食事をしながら、寝ながら操作をする、こういった「ながら操作」「ながらスマホ」極力抑え、画面から離れる時間を作りましょう。

疲れ目にならないために

スマホ老眼

まず、冬場のお部屋は加湿器で湿度調整をすることが大事です


エアコンなどの使用により空気が乾燥すると、涙が蒸発しやすくなります。


加湿器で保湿するほか、机などスペースが小さい場合は、水を入れたコップを置いておくだけでも多少効果があります。


お風呂に浸かって蒸気で目を潤すことも大事です。


夜は湯船にお湯を貯めてゆっくり浸かることで浴室中に蒸気が充満して目を潤します。


体も心も休まるので睡眠の質を上げることにもつながります。


パソコンをやってる時に、液晶画面の明るさは、部屋の明るさよりも暗くし、目の位置が画面から40cm 以上離れるようにしましょう。


また意識的にまばたきの回数を増やしたり、別の作業を交えて液晶から離れたりすると良いでしょう。


テレビの位置は目線よりも下にする


目を開いた状態が長く続くと涙の蒸発が進みます。


伏し目で画面を見られるようにテレビの位置を調節しましょう。


まだ横になってテレビを見ると肩こりの原因になるため背筋を伸ばして座って見るようにしましょう。

では、楽しいスマホ生活を祈ります。

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ