【必見】血液検査は怖くない、高血圧と高血糖と高コレステロール

貧血・低血圧・高血圧

【必見】血液検査は怖くない、高血圧と高血糖と高コレステロール
  • LINE@自動ステップ配信
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

【必見】血液検査は怖くない、高血圧と高血糖と高コレステロール

血液検査の新常識とは

自分の健康は自分で守る時代となりました。

病気は治す時代から予防する時代となりました。

血液検査で指摘されたら正しく対処いたしましょう。

スポンサーリンク


血圧について

血圧は年齢プラス90までなら ok と言われていたのは、昔の話です。
今は、学会が出した新基準があり、段階的に高血圧の名称が付されました。


成人の10人に1人が高血圧症に当たりますが、 「最低血圧90mmhgから最高血圧140mmhg」 これ以上の人は高血圧だというのはちょっと厳しい基準ですね。

60年代までは、高血圧=年齢プラス90という診断方が主流でありました。
つまり、65歳なら65+90は155 つまり155以下なら正常とされていたのです。

現在、70歳以上の降圧剤服用率が50%以上、降圧剤の年間消費額は1兆円を超えるといいいますから驚きです。

厚生労働省によりますと、高血圧症の患者数は平成26年時点で、10,100,800人に達しています。


基準を厳しくした本当の理由ははっきりとはわかりませんが、むやみに薬に頼りすぎないようにしたいものです。
また、年をとるに連れて血圧が高くなるのは当たり前、基準を恐れすぎて血圧降下剤をの実続けるほうが、脳の働きを弱め、他の病気を誘発する可能性もあると指摘する説もあります。

ですから、昔のように年齢+90を目安と考えて、必要な予防をしておけば十分ではないでしょうか。

卵は1日1~2個なら食べても良い

コレステロールが高いと真っ先に槍玉に上がるのが卵ですね。

卵黄1個のコレステロールは、約250mgです。 確かに高めですが、高コレステロールの責任を全て卵に押し付けてしまうのはどうでしょうか。

卵はアミノ酸スコア100の完全栄養食品です。 高コレステロールを指摘された人でも1日に1~2個なら、毎日欠かさず食べなければそれほど気にすることはないようです。

gi 値で上手に血糖コントロール

血糖値検査

出典 http://medical-checkup.info

GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、その食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったもの。
ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100として、相対的に表されています。

これまで糖尿病の食事制限といえば、1日の総摂取カロリーばかり注目されていました。
でも、最近は gi 値で上手に血糖コントロールすることが可能になりました。

gi 値の高い食品を低い食品に置き換えるだけで血糖値の急激な上昇を抑え、無理なく血糖をコントロール出来るのです。

白米から 玄米 へ
うどんから 蕎麦 へ
食パンから 全粒粉パン へ
じゃがいもから さつまいも へ
人参から ごぼう へ
上白糖から みりん へ

プリン体は本当に悪者なのか

痛風の原因である尿酸値を上げないために制限されるのがプリン体。

ただ肥満やアルコールの摂り過ぎなど葉酸値を上げる原因はプリン体だけではありません。

「ビールをやめてプリン体ゼロのアルコールに切り替えた」という安心感で、かえって飲み過ぎてしまう人も多いと言うのですから、これでは逆効果です。

すぐに薬を出す医者には要注意

以前に比べ院外処方が増え薬価差益も薄くなってきたことで「医師が薬を出せば出すほど儲かる」という時代ではなくなってきた。

それでも相変わらず飲みきれないほどの薬を出されるという話はよく聞くのは何故なのか 。
実は薬を出さないと患者さんが納得してくれない」と医師側の事情もあるという。

すぐに薬を出す石も問題だけれども、暗ににそれを求める患者の方にも意識を変える必要がありそうです。

血液検査の結果

血液検査の結果血液の状態が悪いと指摘されても落ち込むことはありません。
汚れた血液が詰まってボロボロになった血管を根本的に綺麗に掃除する方法があります。

私たちの血管は「一度詰まってボロボロになると元に戻らない」と考えられていました。

そこで、医師は血圧が高い方や血糖値が基準値を超えている方に対し、食事制限や運動を推奨し、今以上に悪化させないことを主眼に指導してきました。

もちろんこれはこれで大切なことです。
しかし現在、血管のつまりの原因となっているドロドロの血液を、根本的に解決するものがあることもわかってきました。

それは「酵素」です。

酵素にはたくさんの種類がありますが、 プラスミンや ウロキナーゼは血栓を分解し血液をサラサラにします。

消化や代謝もになるため、酵素を取れば血管を掃除すると同時に、腸も綺麗にします。

酵素は、「体の掃除屋さん」と呼ばれている通り、体内の隅々まで「きれいに」を届ける物質なのです。

血液検査の結果がみるみる改善

なお、体内の酵素の活性は中年以降落ちてきます。

小さな子供が血液検査で引っかかることは稀ですが、50歳を過ぎるとほとんどの人が数値を注意されますよね。


これは酵素の活性が落ちることと無関係ではないのです。
酵素は自然の食べ物や発酵食品に含まれるほか、酵素飲料を飲むのもオススメです。

特に、野草を原料にしたものは、 酵素の働きを助けるミネラルも豊富で、血管掃除には欠かせない存在といえます。


運動や食事制限をしても、血圧や血糖値がなかなか下がらなかったけれど、酵素を飲み始めたところ、検査結果が改善されたという声も多数報告されています。

なお、体内の酵素の活性は中年以降落ちてきます。

小さな子供が血液検査で引っかかることは稀ですが、50歳を過ぎるとほとんどの人が数値を注意されますよね。


これは酵素の活性が落ちることと無関係ではないのです。
酵素は自然の食べ物や発酵食品に含まれるほか、酵素飲料を飲むのもオススメです。

特に、野草を原料にしたものは、 酵素の働きを助けるミネラルも豊富で、血管掃除には欠かせない存在といえます。


運動や食事制限をしても、血圧や血糖値がなかなか下がらなかったけれど、酵素を飲み始めたところ、検査結果が改善されたという声も多数報告されています。

画像引用先:http://www.kyorin-igakukai.com/img/staff.jpg

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ