【低体温改善】体を温め病気リスクのない健康体に

低体温改善

【低体温改善】体を温め病気リスクのない健康体に
  • LINE@自動ステップ配信
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

【低体温改善】体を温め病気リスクのない健康体に

現代人は昔と比べ体温が低いと言われています。

体温が36.5度未満になると病気のリスクはどんどん上がってしまいます。

さらに、加齢とともにさらに体温が下がって行きます。

若い人は寒さをそれほど感じないのに、同じ家庭で過ごしているお年寄りが、いつも「寒い寒い」と言って暖房機のそばに寄り添ったり、何枚も厚着をしていくのは、よくありますよね。

さて、冷えた身体は、一体病気に対してどんなリスクが有るのでしょうか?

免疫力低下

まず、免疫力が著しく低下します。

体温が1度C下がるだけで、免疫力は30%以上も低下すると言われています。

ですから、特に風邪とかインフルエンザとかの病原菌への抵抗力が弱まりますので、風邪などを引きやすくなります。

さらに、恐ろしいことにがん細胞が最も活動しやすい温度が、35度Cと言われますから、これは気をつけなくてはいけませんね。

血液ドロドロに

体が冷えると、新陳代謝が悪くなっていきます。新陳代謝が悪くなるということは血液中の老廃物が十分に排出されないということになります。


そこで血液はどろどろの状態が続くことになってしまいます。

ドロドロの血液のまま、全身の内臓器官にめぐりわたりますと、内臓の働きが極めて悪くなります。

特に、血管がドロドロ血液で詰まり気味になると、脳梗塞や心筋梗塞になる危険が高まります。

体内酵素の働き低下

体内酵素というのは、人間の生命活動において非常に重要な物質です。

体内酵素には代謝酵素と消化酵素がありどちらも極めて重要です。


この「酵素」は、体温36.5度C~37度で最も働きます。体温が下がると、酵素の活性力が低下し、十分な働きをしなくなります。

スポンサーリンク


体温を上げると

そこで体温を上げると、免疫力が高まり、風邪や花粉症などの外部菌に対する抵抗力が増大しますので、いつも元気に過ごせることになります。

また、新陳代謝も活性化しますと、血栓溶解作用のあるプラスミンという物質が作られ、血液ドロドロが解消し、身体の細胞の隅々まで新鮮な血液によって酵素が運ばれていきます。

さらに、体温が上がると、熟睡できるようになり、血糖値や血圧も正常化していきます。

適度な体温を保つことにより、腸の蠕動運動も活発になります。その結果、心地よいお通じを得られます。


あと、どのようにしたら体温をあげられるのか、冷え症を治す方法などについては、別項で紹介します。

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ