慶応高校の偏差値は「65〜76」

ノンカテゴリ

慶応高校の偏差値は「65〜76」
  • LINE@自動ステップ配信
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

慶応高校の偏差値は「65〜76」

慶応高校といえば、甲子園野球全国大会の常連高校です。
この高校に入って甲子園を目指そうという諸君、あるいは更に慶應義塾大学を目指そうという諸君に紹介します。

慶応高校とは

慶應義塾高等学校が正式名称の神奈川県横浜市にある高校で、野球部が甲子園の常連校ということで大変人気があります。

しかし、男子高校なので女子生徒はいません。
女子生徒がいないのはつまらないという人は、この高校はスルーして下さいね。

でも、絶対甲子園へ行きたいという希望を持っている諸君は、慶応高校の受験に挑戦してください。
ただし、かなり難関であることは覚悟してください。推薦では面接と書類審査だけですから推薦してもらえれば一番いいですね。

慶應義塾大学に入りやすい?

確かに、慶応大学には慶応高校卒業で希望する生徒の大部分が慶応大学に入学している事実を見ますと、入りやすいのかもしれませんが、油断は禁物です。
やはり、勉強もきちんとしなければなりません。

野球部と野球の強さはどうか?

横浜・神奈川には高校野球の常連校が多く存在しています。何れも強豪揃いです。
例えば、横浜にある東海大相模や桐蔭学園、桐光学園等があります。
しかし、慶応高校もこれら強豪に混じって、少なくても神奈川大会では、決勝まで残る実力と実績を十分備えています。

慶応高校の各学年のクラス数も18もあるので、かなり大人数です。
ということは、野球部に入るにしてもかなり優秀な生徒が選ばれているということになります。

<スポンサーリンク>

入学するための偏差値は?

入学するためには3つの方法があります。
・ 一般入学試験に合格すること。
・ 推薦入学で入学すること。
・ 帰国子女向けの試験に合格すること。
ただ、推薦及び帰国生徒の場合は「個人面接」と「書類審査」があります。

偏差値について

偏差値は、「66~76」となっています。
この偏差値を高く感じるか低く感じるかは諸君次第なのですが、実は偏差値が高いのも合格率が低いのも理由があるのです。それは、慶応の関連中学校からの内部進学が多いので、一般の生徒の募集枠が400名程度となっているのです。
ですから、合格率は60%~70%と高校受験としてはかなり難関高校になります。
慶応高校には普通科しかありません。しかし、単位取得、大学との連携などで高大一貫校ならではのカリキュラムを選択することが出来るようになっています。

推薦入試とは?

前述しましたように、慶応高校には垂涎入試という制度がありますが、人数が限られていますので、次のような基準を設けているということです。
1 中学時代に学業とスポーツに励んで良い成績を残していること。、
2 「名門野球クラブと呼ばれているスポーツクラブに所属している」ことが基準のようです。この場合は所属するクラブから推薦を届けてもらうことになっています。
さらに、ここから「野球部」に入るためには、過去に
「全国大会ベスト8以上」、「国際大会で活躍した選手であること」などが、加わります。
やはり、ハードルは決して低くはありません。
野球部への推薦入学を果たすためには、まずこれらの基準をくり屋して置かなければなりませんので、中学時代の実績が物を言ってきます。
また、もし、野球部への推薦入学が受けられない場合でも一般入試で頑張れば良いと言うわけです、
諸君、がんばってください。応援しています。

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ